企業風土改革支援で培った手法を
地方分権を実現する行政組織の体質変革へ。

スコラ・コンサルトは、企業風土改革を支援する一方で、これまでにも地方自治体や中央省庁、教育機関など、さまざまな公共組織の風土改革を支援してきました。 1998年からは、三重県、横浜市など地方分権改革を率先する自治体の取組みに深く関わり、その後全国の自治体に関わりが広がってきました。 この「行政経営デザインラボ」は、スコラ・コンサルト独自の変革手法である「プロセスデザイン」をもとに、多くの組織変革支援の実践から得た知見を生かし、「行政組織の変革」に特化した支援をしていくことによって、地方分権を推進する自治体の一助になればと思い、スタートしました。 私たちスコラ・コンサルトの支援プロセスは、「オフサイトミーティング」という対話の手法を用いた場を活用することも、特徴のひとつです。立場・肩書をはずし気楽にまじめな話をする「オフサイトミーティング」の手法は、地域において立場の異なる主体間に対話を通じた信頼関係を培い、地域ビジョンという全体最適の目的を共有し、その実現に向けて新しい地域価値を協創する取組みを進めるうえで大変役立っています。

Introduction

元吉 由紀子(もとよし ゆきこ)

株式会社スコラ・コンサルト
プロセスデザイナー/行政経営デザイナー

神戸出身。大手鉄鋼メーカーへ入社し、知的財産管理業務を担当。新技術・新事業の
成功には、開発から営業まで部門を越えて協力する組織体質が重要だという認識を持ち、
株式会社スコラ・コンサルトへ。
阪神大震災の被災経験から、人には助け合う力があること、組織・地域が垣根を越えて
連携する必要性があること、その連携には公務員のコーディネーターとしての役割が重
要であることを痛感。
企業風土改革を支援する一方、自治体の風土改革に活動の中心を移す。
1999 年以降三重県や横浜市をはじめとした地方自治体、中央省庁、公共組織への支援を行う。
生活者起点で時代最適の価値を創造し続ける経営を実現できるよう、階層、部門、組織を越えた
対話から協力関係を築き、変革を進めるプロセスを、首長や職員 と一緒につくっている。
一人ではできないことをチームの力で成し遂げる、ハーモニーが織り成す心地よさと感動は、趣味の合唱にも通じる。

 

委 員 ・厚生労働省 人事評価検討プロジェクトチーム
・農林水産省 フード・コミュニケーション・プロジェクト戦略検討委員会
・大阪府 指定出資法人外部評価等審議会
・奈良県 今後の行政経営を考える有識者会議
・神戸市 組織活性化ワーキング
・丹波市 不正事務処理に関する第三者委員会
・南伊勢町 町政刷新委員会、総合計画策定アドバイザー
・春日井市 行政経営アドバイザー
・枚方市 外部評価 など
審査員 ・各自治体の改善事例発表会
(福岡県、京都府、横浜市、福岡市、川崎市、大分市、中野区、南伊勢町など)
・全国都市改善改革実践事例発表会 など
パネラー ・(財)静岡綜合研究機構シンポジウム
・自治体職員有志の会 第7回シンポジウムin広島
・自治体職員交流会in滋賀 など
学会発表

・自治体学会
 2014年 「改善運動による組織力の向上
      ~楽しく、よくして、ほめられる組織マネジメントのススメ」
 2011年 「地方分権時代の行政組織の変革とリーダーシップ
      ~行政組織(役所)風土と職員意識改革の実現を目指して」

・経営行動科学学会
 2010年 「地域ビジョン実現のための行政組織の変革とリーダーシップ」
 2009年 「行政組織の風土改革と地方の活性化 
      ~チェンジ!地方分権を実現するために首長・組織・職員はどう変われるのか?~」

主な
著書・寄稿他

【著書】
「どうすれば役所は変われるのか」(日本経済新聞出版社)2007年
「期待される役所へ ~行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!」(ぎょうせい)2012年
【編著書】
「地方が元気になる自治体経営を変える改善運動」(東洋経済新報社)2015年
【連載】
「職場のPDCAマネジメント実践講座」
 (公職研『地方自治職員研修』)2014年4月~2015年3月
「公務員のための組織風土改革実践講座」(NECネクサソリューションズ)2014年1~9月
【寄稿】
「いい役所をつくろう!~みんなが主役の自治体改善運動」
 (ぎょうせい『ガバナンス』2016年4月・12月)
「イキイキ職場づくりの第一歩」(ぎょうせい『ガバナンス』)2012年4月
「あなたと組織のマンネリ打開策!」(ぎょうせい『ガバナンス』)2008年9月
「役所のムリ・ムダ・ムラを突破して、組織と職員の『自己革新する力』を育てる」
 (公職研『地方自治職員研修』臨時増刊号)2012年11月
「行政改革と管理職の新たな役割」
 (公職研『地方自治職員研修』臨時増刊号)2009年11月
「どうすれば公務員の意識改革ができるのか」
 (毎日新聞社『毎日フォーラム~日本の選択』2007年12月号
「社風を変える5つの法則『斜め』の関係で知恵を生み出す」
 (日経情報ストラテジー 日経BP社)2002年5月号
 他多数

【記事・書評】
「トッぷダウンの改革とボトムアップの改善運動を連携しよう!」
 (ぎょうせい『ガバナンス』《連載》自治・地域再興)2016年4月
書評「期待される役所へ」渡部晶氏(財務省『ファイナンス2013年8月号』)
書評「どうすれば役所は変われるのか」東京大学 松原隆一郎教授(毎日新聞)2007年8月5日
「三重県や横浜市の組織改革に携わった元吉 由紀子さん Q公務員制度、どう立て直す?」
 (東京新聞『即興政治論)2007年10月30日

 

地方が元気になる 自治体経営を変える改善運動:写真 『地方が元気になる 自治体経営を変える改善運動』 著者/自治体改善マネジメント研究会代表 元吉 由紀子編著 発行/東洋経済新報社(2015年)
価格/2,100円(税別)
トップダウンの経営改革とボトムアップの改善運動をうまく連動していくことに「改善運動」の成功の秘訣があることを解説している、自治体職員、首長、必読の書です。 amazon
期待される役所へ~行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!:写真 『期待される役所へ~行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!』 著者/元吉 由紀子 発行/ぎょうせい(2012年)
価格/2,190円(税別)
首長から現場の職員まで、「経営の軸」にもとづいて全体最適の
改革を実行していくための行政経営バージョンアップの手引書です。
amazon
スコラ式風土改革 どうすれば役所は変われるのか:写真 『スコラ式風土改革 どうすれば役所は変われるのか』 著者/元吉 由紀子 発行/日本経済新聞出版(2007年)
価格/1,800円(税別)
職員の意欲と知恵を引き出し、独自性を生かして地域に根ざした
自立経営をしていくための希少な自治体改革の実践書。
amazon

宮入小夜子(みやいり さよこ)氏

株式会社スコラ・コンサルトパートナー/開智国際大学リベラルアーツ学部名誉教授。
2009年より行政組織の風土改革、首長のリーダーシップ、行政評価における対話型事業仕分けなどに関し、
継続的に自治体調査を実施して、組織風土改革が実践に根づいていくための研究を共に進めています。

自治体改善マネジメント研究会

全国改善改革実践事例発表会を契機として、各自治体で改善活動に積極的に取り組んでいるコアメンバー職員と共に、2013年に立ちあげ。自治体の改善取組み事例を行政経営の視点から分析し、効果的に継続、進化させていく取組み方について研究しています。

地方分権時代に対応した働きがいや仕事のやり方、行政組織の変革について、互いの思いと実践プロセスを聴き合い、ともに悩み、考え合う場として、2000年より「公務員の組織風土改革世話人交流会」を立ち上げました。現在は、職員有志の運営チームと一緒に開催しています。2009年からは、経営幹部、行革担当責任者向けに「参謀交流会」も開催しています。

お問合せやメールニュースの購読は下記よりどうぞ

topbtn
TOP組織・代表紹介サービスメディア実績支援実績コラム書籍・研究学会発表公務員ネットワーク活動講演お問合せ
サイトのご利用について個人情報保護方針
Copyright © Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.