title

公共組織支援メールニュース 2014年02月

ジブンガタリ対話が変える人生選択 ~就職相談の現場から~

  2012年度から週1回、千葉県柏市にある日本橋学館大学(※1)で、3年生を対象に就職相談(キャリア・カウンセリング)を担当しています。
 同大学のキャリア教育カリキュラムは、座学だけではなく、さまざまな工夫がなされています。体験学習として1年次に「働く目的」を考える「ハタモク(※2)」、2年次に地域貢献活動、3年次にはインターンシップが展開されています。就職相談はその補完機能として位置づけられており、就職活動に関する相談、履歴書やエントリーシートの書き方支援、企業情報・採用情報など就職に関する情報提供、キャリアセンターとの連携等が私の主な業務です。

 就職相談の初回は「ジブンガタリ」の対話から始めます。「どんな子供だった?」「好きだったことは?」「楽しかったことは?」といった質問をしたり、自己振返りシートを使って、今までの20年間の良かったこと・悪かったことを曲線で表す人生リズムや、自分から見た自分を書いてもらったりしながら対話をしていきます。

 相談の最初に、自分に向き合うジブンガタリの対話を持つのには、理由があります。
 学生からの相談は、下記の三つにほぼ集約されます。
(1)これからの方向性
  「進むべき方向性がわからない」「やりたいことがない」
(2)自分自身に関すること
  「学生時代に何もしてこなかった」「自分の良さがわからない」
(3)会社の選び方
  「会社をどう選んだらいいのか、どう絞ったらいいのか」

 どれもが、自分はどんな人間で、何に興味と関心を持っていて、これからどうなりたいと思っているか、自分自身への理解が曖昧、かつ、未整理な状態が起因しているように思えたからです。
 相談に来る学生の多くは、おとなしく、まじめで素直です。中にはいじめや不登校の経験を持つ人もいて、自分に自信を持てないと感じている人も少なくありません。私が、成績評価者である教授ではなく、自分を知る親や友人でもない第三者であり、しかも完全外部ではなく大学が用意しているカウンセラーという安心感があるのでしょう。学生は、初対面であっても、言葉だけでなく、表情や態度など非言語のコミュニケーションも含めて、心の内を語ってくれ
ます。

 私が特に感じるのは、本人がその人らしさや強みを自覚していないことです。誰しも自分のことは自分ではわかりにくいものですが、異なる立場や年代の違う人と話す機会、気づきを得るような対話の経験があまりないというのもあるかもしれません。
 自分自身への気づきを促すために、対話の中で、私から「なぜそう思うのですか?」「もし~だったら?」というような投げかけをすることで、思い込みの枠に気づいてもらったり、「こういうことがあなたのが強みではありませんか」と第三者視点からの気づきを話したりします。中には、話しながら自分で自分の気づきを整理していく人もいます。

 ジブンガタリ対話は、自分と向き合い、自分を見つめなおし、徐々に知らなかった自分を発見する機会となります。この「自分と向き合う」プロセスが、エントリーシートの自己PR作成につながっていくだけでなく、仕事・職業への興味・関心を広げ、会社選びの視点や選択肢を増やし、自分を取り巻く社会が将来どうなっていくのかを見据えて自らの進路を考えるきっかけにもなっています。

 こうした状況から、就職相談というキャリア支援の姿勢を問い直していく必要があると感じています。学生に対して「就職できることに焦点を当てる」ことは部分であって、「就職活動というプロセスを通して自分と向き合い、自分自身と働くことを関係づけて、その人らしい人生の選択・決定ができるよう支援する」ことが、より大切になってきているのではないでしょうか。

 12月から現3年生の本格的な就職活動が始まりました。企業の採用数に明るさは見られるものの、学生が一社目で就職が決まることはめったにありません。企業から断られたときのやり場のない怒りや挫折感、焦燥感を経験しながらも、改めて自分と向き合って気持ちを新たにしていく学生の姿には頼もしさすら感じられ、ジブンガタリ対話をして本当によかったと思う時でもあるのです。

(※1)日本橋学館大学:http://www.nihonbashi.ac.jp/
千葉県柏市にある総合大学。少人数クラスのアットホームな雰囲気が特徴。スコラ・コンサルト取締役の宮入小夜子は、同大学でリベラルアーツ学部教授を務める。

(※2)ハタモク:http://www.hatamoku.org/
学生と社会人で「なんのために働くのか」を“気楽に真剣に”語り合うことを通して、社会に出る前に、働くことの意味や目的を考える取組みを行なっている。代表を務める與良昌浩は、スコラ・コンサルトのプロセスデザイナー。

 


 

スコラ・コンサルト CSコーディネーター/キャリアコンサルタント 荻田由紀

nxprev_01 nxprev_01 nxprev_01
メールニュース購読 スコラ・コンサルト公共組織支援のご案内 行政組織に限らず、中央官庁や教育機関など様々な公共組織の組織風土改革を支援しています。 fb

株式会社スコラ・コンサルト

東京都品川区東五反田5‐25‐19
東京デザインセンター 6F
TEL 03-5420-6251

topbtn
トップ行政経営デザインとは行政経営デザインラボのご紹介コンサルティング代表プロフィールコラム一覧
講演・対話会のご案内と体験記公務員のネットワーク交流会を始めた思い支援・活動実績メディア実績|書籍紹介
共同研究・学会発表公務員のチャレンジ活動 ご相談・お問合せ・アクセス
サイトのご利用について個人情報保護方針
Copyright © 2012 Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.