title

行政経営デザインメールニュース 2020年07月

田舎の畑から世界を眺めてみると・・・

■複業の時代 サイドビジネスを意味する
 

「副業」はもちろんですが、政府が働き 方改革を推進するようになってからはパラレルキャリアを意味する 「複業」という考えもずいぶん一般的になってきています。つい最 近もキリンホールディングスの副業解禁がニュースとして大きく取 り上げられました。
公務員の世界でも神戸市の「地域貢献応援制度」が先駆けとなり、 副業での公益活動を積極的に推進しようとする動きがあり、公務員 の持っている知見を地域の活性化に活用していくねらいがあると思 います。  

もともと家業としての農業などで実質的には「複業」をして、家族 や地域に貢献、溶け込んでいた方は多いのではないでしょうか。そ れが名実ともに社会から必要とされる時代になってきています。


■かくいう私も 私自身も

スコラ・コンサルトの社員を10年近く経験したあと、個人 事業主となり、スコラ・コンサルトの仕事を業務委託契約で行いな がら、自分自身の事業として八百屋を営むパラレルワークに挑戦し ています。

そういう仕事のしかたを許容してくれるスコラ・コンサルトのユニー クさにもひと言触れたいところですがそれはまた別のお話。 八百屋の話に戻りますと、起業の思いは「農薬や化学肥料に頼らな い農家さんの力になりたい」ということでした。新規就農した若者 や、大量生産方式をやめて無農薬に切り替えた年配の農家さんたち と知り合い、「この人たちのための販路を作りたい」と思ったのが きっかけです。

集荷や援農で中山間地を含む小さな集落の畑をたびたび訪れるよう になり、それまで知らなかった豊かさに出会えたことは私の世界観 を大きく変えてくれました。たとえば、私が取り引きしている地域 の中には「消滅可能性都市」の最上位にランクインしている地域も 含まれていましたが、数字や統計から見える世界とはまったく別の 見え方がありました。新規就農のため移住してきた若者たちが地域 のお祭りに参加し、雑草の生える畑を昔からの農家さんにからかわ れながら、自分で育てた野菜や隣人からもらった猪肉などを食べて 元気に暮らす姿。都市部における若者数人の力はそれこそ多勢に無 勢ですが、人口が2000に満たない山間部の村における数人には大き な存在感があります。山の恵みとしての食べ物も豊かですが、それ 以上に自分自身の存在を重要なものだと感じることのできる心の豊 かさの中でいきいきと働き、生活している姿を見ることができたの でした。


■活躍する行政の力と課題

こういった数字では測れない豊かさを持つローカルにおいて、行政 の力はとても貴重で有用です。「地域おこし協力隊」の制度を利用 した移住者や新規就農者にもたくさんお会いしましたが、行政の力 がうまく地域の活性化につながっている好事例だと思います。また、 個人農家さんの中には小型の機械が1台あればぐっと作業が楽にな るという方や、共同で利用できる加工所さえあれば農閑期にも現金 収入を得る道ができるという方も多くいます。そんなときにも行政 による補助金や各種公共施設が大きな力を発揮してくれます。

一方で課題だと感じていることは、それらが一部の公務員の方々の 熱意と献身的な努力に支えられたものであること、補助金などの利 用には手続き上のハードルが高いものも多く、まだまだ必要とする 方々すべてに情報が届いていないことです。

課題は民と民の間にもあります。農業、特に有機栽培や自然栽培で は定まった「王道」というものがなく、畑ごとに違う気候風土と向 き合いながら農家さんごとに創意工夫しているのが現状です。その ため、自分の農法が正しくて、他の農家さんのやり方を受け付けな いという人も意外に多く見受けられます。

八百屋としていろいろな農家さんとつき合うと、どの農家さんも独 自の工夫、農法、なかには哲学のようなものを語ってくれる人がい て、おもしろくてしかたありません。お互いに交流がないのはもっ たいないので、取り引きしている農家さんどうしの畑見学の機会を 企画したところ、たいへん喜んでいただきました。


■ローカルの豊かさを対話の力で

副業による公益活動への参画環境が整備され、さまざまな知見を持っ た公務員の方々が地域社会に公的にも私的にも入り込みやすい時代 が到来しようとしています。そして、私が見聞きしてきたローカル の、特に小規模農家として所得の多寡にとらわれない豊かな暮らし を実現しようとしている人々にとって、公務員の持つ知恵、知見、 人脈は大きな支援になる可能性を持っていることは間違いありませ ん。

その可能性を花開かせる決め手のひとつが「対話力」ではないでしょ うか。さまざまな情報を届けるため、NPOの活動の現場や役場の 中でも助成金の説明会など、対話が必要になるシーンは無数にある と思います。また、人と人を結びつけるニーズはさらに大きく、個 性的な取り組みや工夫をしている人と人や、移住者と元からの住民 とを結びつけるためにも対話は欠かせないのではないかでしょうか。

私たちスコラ・コンサルトが長年にわたって培ってきたオフサイト ミーティングの手法は1対1の雑談にも、大人数での会議にも使える 工夫がいろいろあります。農家さんとの対話、思いのある公務員ど うしの対話、地域住民どうしの対話、さまざまな場面に活用してい ただき、公務員の方々が地域社会の明るい未来を切り開くカギとなっ て活躍していただくことをひとりの八百屋としても心から期待して います。

プロセスデザイナー 若山 修

btn2
nxprev_01 nxprev_01 nxprev_01
メールニュース購読 スコラ・コンサルト公共組織支援のご案内 行政組織に限らず、中央官庁や教育機関など様々な公共組織の組織風土改革を支援しています。 fb

株式会社スコラ・コンサルト

東京都品川区東五反田5‐25‐19
東京デザインセンター 6F
TEL 03-5420-6251

topbtn
トップ行政経営デザインとは行政経営デザインラボのご紹介コンサルティング代表プロフィールコラム一覧
講演・対話会のご案内と体験記公務員のネットワーク交流会を始めた思い支援・活動実績メディア実績|書籍紹介
共同研究・学会発表公務員のチャレンジ活動 ご相談・お問合せ・アクセス
サイトのご利用について個人情報保護方針
Copyright © 2012 Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.