title

行政経営デザインメールニュース 2017年04月

よりよい個人目標を設定するために

役所では、昨年度から全自治体に人事評価制度が導入されるように なりました。そのため、各職場では、4月から5月にかけて職員や 管理職が個人目標の設定に追われています。

目標管理は、本来職員が自ら管理できるよう、主体的に目標設定す ることが望ましいものです。しかし、だからといって何を書いても いい、ということにはなりません。

適切に目標設定できるようになるためには、日頃から仕事にしっか りと向き合い、組織全体を見渡して、職場内で果たす自己の役割を きちんと理解しておくことが重要です。

今回は、よりよい個人目標を設定するための準備プロセスについて 取り上げてみました。あなたは、これらのプロセスを経て目標設定 しているでしょうか。

1)「事業評価シート」で、事業の目標を確認する

各職場には、所管する職務があり、職員はその一部を担っています。 この職務に関連した事業は、総合計画のもとに体系化づけられ、 事業評価制度によって全体管理されています。 それゆえ、個人目標を設定するときには、事業ごとに作成している 「事業評価シート」を見れば、年度ごとの事業目標を確認できます。

しかし、実際には事業評価シートを評価の結果を記入するときしか 見ていない、というケースがほとんどです。誰が何をやるのかの 人事管理と事業管理は、表裏一体となるものですので、各帳票も タイミングを合わせて運用していきたいものです。

2)「組織目標」で、事業・業務の方向づけを確認する

ただし、自治体によっては、事業評価を重要事業についてのみしか 行なっていないとか、人件費のみで行なっている「業務」については 対象外としているところがあります。

その場合には、上司が作成する「組織目標」が指針となります。 組織目標には、それぞれの担当分野について、重要な事業・業務の 目標が設定されていたり、改善・改革すべき課題の設定や、人材育成 の取組みなどが記されたりしています。

職員は、組織目標から自分の担当職務に関わる目標や課題を理解する だけでなく、組織全体の構成や優先順位づけを知り、その判断基準を 理解しておくことが、自己の目標設定と優先順位づけをするうえで大 切です。

3)役割に応じて、果たす責任を明確にする

仕事は、一人でするのではなく、同僚や、上司、関係部署や関係団体 とも協力し合うチームで進めています。職員には、行政が担う役割や、 それぞれの役職に応じた役割を明確にして、責任を果たしていくこと が欠かせません。

個人目標を設定するにあたっては、これらの役割設定について、 「人材育成基本方針」や人事評価制度の中の「能力評価項目」などに 書かれている内容と意図を理解しておくことが必要です。

また、上司と面談をする前に、まずは職場で同じ仕事をしている職員 同士で、それぞれがどの範囲、どの程度の責任を果たしていくのかに ついて話し合っておくことが大切です。同じ事業・業務を担当してい るからと言って、上位者から下位者までが、同じ個人目標を設定して しまうことがないように留意しなければいけません。

よりよい個人目標の設定は、それぞれが目標の達成に向けて邁進する ためだけでなく、良好なチームワークをもとに組織の生産性を向上し、 効率的効果的により高い成果を果たすことにつなげてこそ意味がある ものです。

今一度目標の設定プロセスを見直し、よりよい個人目標づくりに お役立ていただければと思います。

行政経営デザイナー/プロセスデザイナー 元吉 由紀子

btn2
nxprev_01 nxprev_01
メールニュース購読 スコラ・コンサルト公共組織支援のご案内 行政組織に限らず、中央官庁や教育機関など様々な公共組織の組織風土改革を支援しています。 fb

株式会社スコラ・コンサルト

東京都品川区東五反田5‐25‐19
東京デザインセンター 6F
TEL 03-5420-6251

topbtn
トップ行政経営デザインとは行政経営デザインラボのご紹介コンサルティング代表プロフィールコラム一覧
講演・対話会のご案内と体験記公務員のネットワーク交流会を始めた思い支援・活動実績メディア実績|書籍紹介
共同研究・学会発表公務員のチャレンジ活動 ご相談・ご依頼・お問合せ
サイトのご利用について個人情報保護方針
Copyright © 2012 Scholar Consult Co.,ltd. All Rights Reserved.